« 今夜は飲み会(^Q^)/ | トップページ | 中秋の名月 »

2007年9月22日 (土)

会計を支える人間関係

会計を支える人間関係とは、スチュワードシップの事を指します。

スチュワードシップとは、執事が主人に仕える際の心構えのことです。

会計責任スチュワードシップ会計の目的を明確にする際のキーワードなんです!

会計責任とは自己の行った行動の正当性を説明する責任として利用します。

このキーワードには共通する前提があります。

それは、2つの経済主体を前提にしている事です。

説明を受ける人:説明をする人主人:執事です。

つまり、会計の定義とは情報の利用者が事情に精通して判断や意思決定を行う事が出来るように経済的情報を、識別し、測定し、伝達するプロセスなのです!

そして会計責任の要求度

会計責任=利害関係の大きさ/信頼の程度

で表す事が出来ます。ETC。。。

と言う内容の授業を、今日も片道2時間半掛けて千葉県市川市にある千葉商科大学会計専門職大学院http://www.cuc.ac.jp/accounting/index.html公会計で学んで来ました(^▽^)

それも授業中は、かなり笑ってます!(^◇^)

参考書http://www.toyokeizai.co.jp/CGI/kensaku/syousai.cgi?key=book&isbn=60126-0を読んだだけでは活字アレルギーの私の頭では理解し難い話を分かり易く身近な例え話で説明して戴けるので笑っちゃうんですよ~♪

そんな吉田先生http://www.lij.st/modules/tinyd2/index.php?id=3の講義内容を何とか私が多くの方々に伝授したいと考えております☆(^ω^)

明日は早朝から夜中までアルバイトが入ってしましましたので、この辺で。。。

|

« 今夜は飲み会(^Q^)/ | トップページ | 中秋の名月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 会計を支える人間関係:

« 今夜は飲み会(^Q^)/ | トップページ | 中秋の名月 »