« 朝の「林中学校前」交差点 | トップページ | 今年度の自治会パトロール終了 »

2016年3月24日 (木)

テロリストは何故、命掛けで自爆テロを起こすの?

フランスのパリに続き、ベルギーのブリュッセルで起きた同時多発テロ!

この2つのテロには多くの共通点があるみたいですが詳しく分からないので触れずにおきます。

私が気になったのは「戦地でも無い場所で軍人でも悪人でも無い一般市民が無差別に殺された」と言う受け入れ難い事実

戦地では、かつて日本の特攻隊もそうであったように「自爆」して敵にダメージを与える戦法が有効とされていた事があったのも事実ですが

これは自爆して攻撃を仕掛けたと言うより「背水の陣」へと追い込まれ、体を張って攻撃をしなければ祖国が、親兄弟が被害を受けると考えた自衛・防衛の最後の手段だった様にも考えられます。

シリア周辺国では「自爆テロ」と呼ばれる一般市民も巻き添えにする卑劣なテロ行為が多発していますが、これもまた命を掛けて身内を守ろうとした行為だとも言われています。

命を掛けて敵を倒したと言う事なのかも知れませんが悲しい選択肢です

でも今回のフランスやベルギーでのテロは何かが違うように感じます

武器も持たない一般の老若男女を問わない人達への無差別殺人

ベルギーのテロでは2人の犯人が自爆をしているそうです。

何故、自爆テロ?

日本で言うところの「刺し違える」とは違う意味で命を落としてまでテロを行わなければならなかった意味が理解出来ません!

そんな最中に「23歳の日本人男性が過激派組織「イスラム国」(IS)に参加するためシリアに渡ろうとしたとしてトルコの治安当局に拘束され国外退去となった」と言うニュースが入りました

日本人が突然ISに入っても自爆テロなどに駆り出されて使い捨てされるだけなのは目に見えています

人は死ぬと、その人に取っては世界が無くなってしまうのと同じ事です

そう考えると、なんらかの理由で自暴自棄になった人が「自殺」するために全く関係ない人達を巻き添えにして道連れにしようとしているのでは?と言う憶測さえ頭を過ります

兎にも角にも「健全な心」とは思えませんので「心が病んでいる」のかなぁ?と・・・

心の病なら、治療してあげる事が出来るなら地球は平和になれるのでしょうか?

最早、正義が何で正解が何なのか?考える年度末の夜です

そんな私の日常の活動はフェイスブックから写真などをご覧戴けますので是非

https://www.facebook.com/yukiko.goto.718

|

« 朝の「林中学校前」交差点 | トップページ | 今年度の自治会パトロール終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テロリストは何故、命掛けで自爆テロを起こすの?:

« 朝の「林中学校前」交差点 | トップページ | 今年度の自治会パトロール終了 »