« 雨のためソフトボールのナイター練習は中止 | トップページ | 環境センターから自治会館そして公民館!姉の誕生日ですが、夜はOB&OG会へ »

2018年2月23日 (金)

「町田市議会議員選挙」真っ最中!投開票は25日

私は40年前まで相模原市の淵野辺と言う町に住んでいました

淵野辺の山王と呼ばれる地域で、すぐ近くを流れる境川を渡ると町田市でした

今はもう再開発と区画整理がされて、全く当時の面影は無くなってしまい住んでいた借家のあった場所も特定されませんが

食料品や生活雑貨は近所の石井商店河本タバコ店で用が足りていましたが

衣類や家電などを購入する時はバスに乗って町田駅まで繰り出していました

そんな思い出と親しみのある町田市が只今、市長選挙市議会議員選挙の真っ最中です

そこに、なんと!「子供にツケを回さない!」仲間の現職「新井克尚」氏が5期目の挑戦をしています

4期16年間で25億円以上の財政の無駄を削減して来たと言う実績のある素晴らしい候補者です

そんな新井候補者の政策の1つをご紹介します!

--------------------------------------------------

公共施設の建替え・再編で町田市の今後5年間の財政見通しは77億円の収支不足。

その要因は急速な高齢化にあります。

2000年には65歳以上の高齢者の方1人を5人の若い世代が支えていましたが

2030年にはたった2人と予想されています。

若い世代を更に増やし定住を促進するには、これまで頑張ってきた保育所整備以外公立学校で確かな学力を保証すること。

町田市の学力は東京都の平均以下であることがデータでもわかっています。

陰山メソッドを導入した広島、山口、福岡、高知などの公立学校では塾がないような地域でも学力向上が実現しています。

新井よしなおは、平成18年から「陰山メソッドの導入」を議会で提案し続け今、まさに軌道に乗ろうとしています。

町田市でも陰山メソッドを導入し公立学校で確かな学力を保証することで小学生くらいのお子さんをお持ちの若い世代の定住を促進し高齢化を少しでも食い止めていくこと。

それが今回の選挙公報に記載した私の町田の財政再建のビジョンです。

町田市の財政を立て直すために、教育改革を!

--------------------------------------------------

超少子高齢化問題は厚木市にも同じような事が言えると思います!

私は「陰山メソッド」には詳しくありませんが

他市、他県の素晴らしい業績は学ばせて戴きたいと日々アンテナを張り巡らせています

そんな私の日常の活動はフェイスブックから写真などをご覧戴けますので是非

https://www.facebook.com/yukiko.goto.718

|

« 雨のためソフトボールのナイター練習は中止 | トップページ | 環境センターから自治会館そして公民館!姉の誕生日ですが、夜はOB&OG会へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「町田市議会議員選挙」真っ最中!投開票は25日:

« 雨のためソフトボールのナイター練習は中止 | トップページ | 環境センターから自治会館そして公民館!姉の誕生日ですが、夜はOB&OG会へ »