« 5月は日本赤十字社会員増強月間「会費は募金ではありません」 | トップページ | 明日と明後日は「かながわグルメフェスタ2018in厚木」 »

2018年4月19日 (木)

持続可能な社会(=次世代や未来に負債や問題を先送りしないと言う事)

時々耳にする事も多くなった言葉ですか「持続可能な社会」と言う言葉の意味をご存じでしょうか?

辞書で調べると

--------------------

地球環境や自然環境が適切に保全され、将来の世代が必要とするもとするものを損なうことなく、現在の世代の要求を満たすような開発が行われている社会。

--------------------

と、されていますが

これは環境にだけ言える言葉ではありません

全ての社会の流れが「滞りなく・無理なく・円滑に」回って行く事「持続可能な社会」だと思っています

往々にして世の中には「今までこうだったから」「伝統だから」「みんながそう言うから」と言って、「間違っているかも知れない事」も「疑問に思う事をタブー」として継続されている慣習が沢山あるように思っています

「温故知新」と言う言葉のように良いモノ・正しいモノは継続し、時代にそぐわないモノ変化して来たモノには訂正をして行かないといけないと思っています

また、そこに関る人達の財政や労力にも無理が掛ってはいけないと考えています

無駄を省き斑を無くして無理なく社会が回って行く事「持続可能な社会」への仕組みなのでは無いかと私は信じています

ちなみに、この無駄を省き斑を無くして無理なくと言う言葉は、私の母校「産業能率大学」の学長の言葉で大学の理念です

「ムダ・ムラ・ムリ」を「ダ・ラ・リ」と呼んでいました

私の解釈ですが

「持続可能な社会」と言うのは「次世代や未来に負債や問題を先送りしないと言う事」でもあると思っています

そして更に、その言葉を要訳した言葉が「子供にツケを回さない!」です

この言葉は、私が科目履修していた千葉商科大学大学院での吉田寛教授の作った言葉で、私も共通理念です

誰にも押し付けられる訳でも無く、無理なく継続されてゆく社会に期待をしています

朝からそんな事を思っておりましたので、ブログに認めさせて戴きました

そんな私の日常の活動はフェイスブックから写真などをご覧戴けますので是非

https://www.facebook.com/yukiko.goto.718

|

« 5月は日本赤十字社会員増強月間「会費は募金ではありません」 | トップページ | 明日と明後日は「かながわグルメフェスタ2018in厚木」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 持続可能な社会(=次世代や未来に負債や問題を先送りしないと言う事):

« 5月は日本赤十字社会員増強月間「会費は募金ではありません」 | トップページ | 明日と明後日は「かながわグルメフェスタ2018in厚木」 »