« 「三家南自治会」・「中村自治会」・「はとぽっぽ公園」のお花見巡り | トップページ | 「清掃不参加金」=「自治会の罰金」 »

2018年4月 9日 (月)

朝日新聞の記事「自治会 上手に付き合うには」

昨日の朝日新聞の朝刊大変興味深い記事が掲載されていました

「【読者会議】自治会 上手に付き合うには 」と言う見出しでサブタイトルが<Reライフアンケート>自治会や町内会の活動に参加したことはありますか?です

気になる記事はコチラからhttp://www.asahi.com/relife/dokusha/voice/11466341

記事の内容は以下の通り

------------------------------

自治会や町内会の活動に参加していますか?

ご近所さんと関係を深められる良さがある一方、負担が大きいなどマイナス面を指摘する声も。

みなさんの体験をご紹介します。

「無理せず仕事減らそう」団結

埼玉県川越市の金山敦子さん(51)は10年ほど前、自治会の役員が順番で回ってきた。

任期開始の4月、他の役員たちと引き継ぎをした際、会議への出席や地域イベントへの参加など、あまりの予定の多さに誰もが驚いた。

「こんなにやらないといけないの?」「できないことは無理せずにやめよう」「なるべく時間をかけずに」と一致団結した。

普段から「なんでも効率的にやりたいタイプ」という金山さん。

夏祭りでは、それまで会員が焼きそばを作ったりフランクフルトを焼いたりしていたが、店に食べ物を注文して取りに行くやり方に変えた。

子どもみこしは、「お休み」にした。会場まで運ぶのが大変な上、子どもの数が減っていることや、子どもたちから「なくてもいい」と言われたことなどを踏まえた。

最初はやめることを提案したが、「ずっとやってきたのに」など残念がる声もあったため、「今年はお休み」に。

その後も「お休み」の年が続いているという。

『変えたくない』という気持ちも分かる。でも、『やるのは自分たちだから、決めるのも自分たちで』と考えました」

一部の仕事を減らしたとはいえ、防犯パトロールのメンバー表を作ったり、住民に配るプリントをコピーしたり……。

役所や警察署にもしばしば通い、「ほぼ毎日、何かしら自治会関係の仕事をしていた」という感覚だ。

自治会を通じて顔見知りが増え、世代が異なる人とも交流できるなど、よかったこともあった。

ただ、体調を崩していることもあり、「もう一度役員を務めるのは厳しい」と感じている。

同時に、自治会の中の小さな「班」を通して近所で協力する大切さも感じる。

自主的にゴミ置き場の掃除当番を決め、「不燃ゴミが混ざっていて回収されなかった」など情報交換のノートも回す。

「顔が分かる近所の人たちが自分たちに必要なことを考え、取り組んでいる。

まさに『自治』ではないでしょうか」

■ 「何でも意見」してみたら

班長をしていた時、会長に「なんでも意見を言ってください」と言われ、イベントの後に班のメンバーから寄せられた「もっとこうしたらどうか」「これはやめた方がいい」などの声をまとめて提出しました。

ところが会長の逆鱗に触れ、その後は悪口を言われたり、あてつけをされたり。

それを機に、もう自治会にはタッチしまいと心に決めました。

20年近く前のことですが、今でも思い出すのも嫌な体験です。 

千葉県 女性 50代

■ 主婦の時間 無限じゃない

以前住んでいたマンションは、順番で自治会の役が回ってきました。

子育て中だったため、子ども向けのイベントに積極的に関わり、知り合いが増えました。

ただ、「主婦の時間は無尽蔵」と思っているかのように仕事をあれこれ振られるのには違和感がありました。

子どもが風邪を引いても、誰かが代わってくれるような雰囲気もありません。

もう少し緩く参加できたら、もっと活動を楽しめたのではないかと思います。

東京都 福原理恵子さん(65)

■ 少しずつ負担し合えれば

町内会長と副会長を1年ずつ経験しました。

資料作りや行事の参加などで忙しく、大変なこともありましたが、地域の様々な仕組みを知ることができました。

高齢で活動できない人や会に入らない人が増えて、一人ひとりの負担が大きくなってしまっていることが課題です。

負担を減らすためにも、「会員」「非会員」にこだわらず、全員ができることや得意なことで少しずつ負担し合えるような活動にできたらいいですね。

愛知県 岩月邦文さん(67)

------------------------------

まさに私たちの自治会でも同じ様な問題があり、同じ様な意見を戴いているところです

様々な年齢層学生サラリーマン接客業の人や夜勤で働く人も居ます

三世代家族の家庭もあれば単身者の家庭も有り、多様な生活スタイルの人達が「自治会」と言う区画化された地域の中で生活をしていく中で

負担が少なく、安全で安心して生活が出来る体制作りこそが新しい自治会と言う組織の在り方だと思っています

自治会長2年目にして最終年度を迎えた私の役目「持続可能な自治会体制」の仕組みを作って次の自治会長にバトンタッチする事だと思っています

そんな私の日常の活動はフェイスブックから写真などをご覧戴けますので是非

https://www.facebook.com/yukiko.goto.718

|

« 「三家南自治会」・「中村自治会」・「はとぽっぽ公園」のお花見巡り | トップページ | 「清掃不参加金」=「自治会の罰金」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞の記事「自治会 上手に付き合うには」:

« 「三家南自治会」・「中村自治会」・「はとぽっぽ公園」のお花見巡り | トップページ | 「清掃不参加金」=「自治会の罰金」 »