« 昨夜は佐藤副市長のお通夜に参列。本日の葬儀・告別式は明日29日午前10時から。 | トップページ | 非常事態宣言中の『我が身に起きた非常事態😱』⚠ »

2021年1月30日 (土)

「コロナに負けない!あつぎ中小企業応援交付金2」の申請受付が始まっています。

昨日から厚木市の経済施策コロナに負けない!あつぎ中小企業応援交付金2』の申請受付がはじまりました📝

申請窓口商工会議所となっております🏢

〒243-0017 厚木市栄町1-16-15
厚木商工会議所内「あつぎ中小企業応援交付金係」必要書類を添えて郵送(当日消印有効)

<専用ダイヤル>
0120-306149【平日9:00から17:00】

<申請期間>
令和3年1月29日(金曜日)から令和3年3月1日(月曜日)まで。
*注意事項*
「感染拡大防止のため、ご来館による窓口でのお申し込みやお問い合わせはご遠慮ください」との事です。

(1)売上減少への支援

金額
1店舗・事業所一律:10万円

支給要件及び対象
新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、令和2年12月又は令和3年1月の売上げが、前年同月の売上に比べ15%以上減少している事業所等 

申請に必要な書類
ア 交付申請書(市内公民館、JAあつぎ各支所、支店、市内金融機関などで配布)
  厚木商工会議所及び厚木市ホームページから、用紙をダウンロードできます。
イ 厚木市内で事業活動を証する書類の写し
  例:法人市民税申告書、青色申告決算書、収支内訳書など
ウ 振込先口座の「通帳の表紙の写し」および通帳を開いて「1ページ目と2ページ目の写し」
エ 比較したそれぞれの月の売上げが分かる資料
  例:事業概況説明書、青色申告決算書、売上元帳、管理台帳など

*注意事項*
令和2年中に開業し、売上げ減少の比較が困難な事業者の方は「ご相談ください」との事です。

(2)感染拡大防止への協力支援

金額
1店舗・事業所一律:15万円

支給要件
夜間短縮営業実施日数:令和3年1月12日から令和3年2月7日までの間で10日間以上
(実施日が連続していなくても対象となります。)

対象
神奈川県の夜間営業時間短縮要請を受けている店舗・事業所以外の店舗・事業所等
(通常20時を超えて営業している店舗・事業所が、営業時間を20時までに短縮した場合が対象。)
「対象例」小売店、学習塾、インストラクター、整骨院、個人タクシー、塾講師・ピアノ講師、ガソリンスタンド、ゲームセンターなど

申請に必要な書類
ア 交付申請書(市内公民館、JAあつぎ各支所、支店、市内金融機関などで配布)
  ※厚木商工会議所及び厚木市ホームページから、用紙をダウンロードできます。
イ 厚木市内で事業活動を証する書類の写し
  例:法人市民税申告書、青色申告決算書、収支内訳書など
ウ 振込先口座の「通帳の表紙の写し」および通帳を開いて「1ページ目と2ページ目の写し」
エ 通常の営業時間と短縮後の営業時間がわかる資料
  例:通常の営業時間の看板および時間短縮営業の案内物の写真、ホームページのコピーなど、一般に広く公開しているもの。

(3)夜間営業時間短縮要請協力への支援

金額
1店舗・事業所一律:5万円

支給要件
夜間短縮営業実施日数:令和3年1月12日から令和3年2月7日までの間で10日間以上
(実施日が連続していなくても対象となります。)

対象
神奈川県の夜間営業時間短縮要請を受けている飲食店(スナックや喫茶店を含む)、カラオケ店等
(通常20時を超えて営業している店舗・事業所が、営業時間を20時までに短縮した場合が対象。) 

申請に必要な書類
ア 交付申請書(市内公民館、JAあつぎ各支所、支店、市内金融機関などで配布)
  ※厚木商工会議所及び厚木市ホームページから、用紙をダウンロードできます。
イ 厚木市内で事業活動を証する書類の写し
  例:法人市民税申告書、青色申告決算書、収支内訳書など
ウ 振込先口座の「通帳の表紙の写し」および通帳を開いて「1ページ目と2ページ目の写し」
エ 通常の営業時間と短縮後の営業時間がわかる資料
  例:通常の営業時間の看板および時間短縮営業の案内物の写真、ホームページのコピーなど、一般に広く公開しているもの
オ 営業許可証の写し

(4)テレワーク導入への支援

※こちらの窓口は「厚木市役所産業振興課 」になります。

緊急事態宣言を受け、新たにテレワークを導入した企業に、導入に係る経費の一部を支援されます。
神奈川県テレワーク導入促進事業費補助金(第2次)を活用した企業対象となります。

対象者
市内に事業所がある中小企業者(常勤2人以上)

補助率・支給金額
対象経費の1/4で上限15万円
(神奈川県の補助金の交付決定を受けたことが要件となります。)

対象経費
パソコン等の端末、ソフトウエアの購入又はリース料・利用料、就業規則等の整備に掛かった経費、テレワーク導入に係るコンサルタント料など

対象期間
令和3年1月7日から令和3年3月31日までに新たにテレワークを導入した場合

申請に必要な書類
ア 補助金交付申請書
イ 市税納税証明書(アの交付申請書で、市が取得することに同意された方は不要です。)
ウ 神奈川県テレワーク導入促進事業費補助金交付決定通知書又は、額の決定通知書の写し
エ 神奈川県テレワーク導入促進事業費補助金実績報告書の写し

申請先【(4)のみ】
〒243-8511 厚木市中町3-17-17
厚木市役所産業振興課に必要書類を添えて郵送(当日消印有効)
046-225-2830【平日8:30から17:15】

申請期間
令和3年1月29日(金曜日)から令和3年3月31日(水曜日)
*注意事項*
感染拡大防止のため「ご来庁による窓口でのお申し込みやお問い合わせはご遠慮下さい」との事です。

事業者の皆さまは本当に大変な状況です。

該当されます事業者の方、今回は「1事業者」単位ではなく「1事業所」単位ですので、複数店舗を経営されている方は店舗の数だけ申請が出来ます。

また、一つの事業所は売り上げが順調でも、他の事業所の売り上げが15%以上下がってしまっている場合なども申請対象になるようです。

先ずは、自分の事業所が対象かどうかなど個別にご相談されて下さい。

この大変な時期を何とか乗り切って戴きたいと切に願います。

そんな私の日常の活動はフェイスブックから写真などをご覧戴けますので是非

|

« 昨夜は佐藤副市長のお通夜に参列。本日の葬儀・告別式は明日29日午前10時から。 | トップページ | 非常事態宣言中の『我が身に起きた非常事態😱』⚠ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昨夜は佐藤副市長のお通夜に参列。本日の葬儀・告別式は明日29日午前10時から。 | トップページ | 非常事態宣言中の『我が身に起きた非常事態😱』⚠ »